出張や留学に便利!アメリカでSIMを使うなら早めに手配/Good Communication

長期に渡ってアメリカに行くなら

出張や留学で長期に渡ってアメリカに行く場合は携帯電話が必要になると思います。「英語があまりできないけど契約できるかな」と不安になっているあなたにアメリカのSIMについて解説しますので、出発前によく読んでおいてくださいね。

アメリカで使うSIMを選ぶポイント

日本である程度検討しておく

アメリカに行ってから現地でSIM契約をしようと思うと意外と苦労すると思います。英語が得意でも難しい契約手続きや契約条件を満たしている必要があるからです。日本で契約の仕方やメーカーは調べておきましょう。

キャリアのカバーエリアを確認

アメリカの携帯電話の主要なキャリアは4つあります。キャリアによってカバーエリアに差があるので自分が滞在する地域をカバーしているかはよく確認しましょう。

紛失や盗難のサポートについて

紛失や盗難にあった際のサポートについてはよく比較しましょう。特に盗難は日本と違いあう可能性がとても高いです。

通信方式を把握する

SIMカード

アメリカで携帯電話を使うときにSIMカードを使うことになるのですが、この際に気をつけなければならないことがあります。例えば、スマートフォンの通信方式です。通信規格として2G、3G、4Gというものがあることを何となく聴いたことはある人がいるでしょうが、この規格は携帯電話を使う上でとても大切な規格になってくるのです。つまりこの規格が違う場合は繋がりませんのでとても注意しなければならないのです。必ず自分のスマートフォンがどの通信方式なのか、きちんと把握して、同じ通信方式のものを選ぶようにしましょう。海外は日本と違い、説明などが大雑把であったり、全て英語でされていたりするので理解するのに時間がかかってしまうかもしれません。現地で調達するとなると、それなりの時間がかかる可能性があります。あらかじめ、日本にいるうちから、しっかりとどれを使うか決めておいて、アメリカについてから戸惑わないようにすることをお勧めします。

目的に合ったものを選択

SIMカード

アメリカでSIMカードを利用するのならば、自分がどのような目的で利用するのかをしっかりと把握した上で、最も目的にあったものを選択するようにしましょう。例えばちょっとした利用を考えているならば、プリペイドSIMがお勧めです。これは支払った分だけ利用することが出来るので、支払いすぎることがないため後で大きな請求がなく、初心者でも安心して利用できます。また海外は日本と違い、盗難のリスクもあります。ですが、プリペイドでしたら後で返却義務がないので、最悪盗まれても後で弁償する必要がないため安心できます。長期間の滞在で使うのか、短期間の滞在なのかを、きちんと見極めて、目的に合ったSIMカード選びをしていくとよいでしょう。

広告募集中